Night Rulersを個人的に振り返る

前作Programmed Formulaに引き続き、今回も個人的に振り返り記事を書きたいと思います

先日6/25に京都はみやこめっせで開催されたミスティア・ローレライオンリーイベント「東方遊宴雀」にて、二度目となるアレンジCDを頒布しました。何の因果か、地元でこんな最高なイベントが開催されるって事で、このイベントを知ったのは一年ぐらい前だった気もしますが秒でサークル参加を決意しました。視聴用のイヤホンをちゃんと忘れず持ってきたり(!)、ケースを包むOPP袋を用意するなど、前回の反省も活かせたと思います。

しかしまあ、持って行った分の新譜が全部無くなるとは思いませんでした。手に取ってくれた皆々様には感謝してもしきれません。逆に今回、完売してしまって入手してもらえなかった方には申し訳ない気持ちで一杯です。紅楼夢に受かってたらまた増産して持っていきますのでよろしくお願いします

ジャケットのイラストは昔からお世話になってる510兄貴に描いて頂きました。

f:id:Rhyktz:20170714003421p:plain

 

ここからは収録曲についてのコメントです

 

まず全体として、折角ミスティアの曲のアレンジなんだからボーカル付きの曲を入れよう→他の曲をインストにするぐらいなら、表題曲のセルフリミックスにしようか?なんてやってたら、非常に特殊な構成になってしまいました。自分が最も影響を受けたであろうアーティスト、Renardもテクノを作るときの名義でそういう感じのアルバムをリリースした事があるので、まあ東方アレンジと言ってもこういうCDが一個ぐらいあってもいいんじゃない?とは思っています。

lapfoxtrax.wikia.com

↑表題曲のリミックスが5曲入っていますが、そのうち3曲は実際にはオリジナルの作曲者と同じ人によるものです

ちょっと話が逸れましたが、そういった事情を一切気にしない方には、純粋に曲そのものだけを楽しんでもらうというのも全然アリだと思います。実際、前作よりクオリティも洗練されていると思います。

 

Track1 Rhyktz - Night Rulers

表題曲ですね!夜雀の歌声ともう歌しか聞こえないのフレーズを上手く混ぜ合わせてUKハードコアにアレンジしました。ちゃんとしたボーカルのついた曲は自分史上初めてです 作詞と歌唱はSecret Rさん・・・ですけど、特にどこのサークルの人とか表記がない、って事は、まあ、皆まで言いませんけどそういう事なんですよね・・・!原曲の雰囲気をいい感じに活かせていると思います。自信作です。

歌詞にも地味に小ネタが仕込んであったりなかったりするので良かったら聴きながらでも眺めてやってください↓

IN THE FERVID POTENT SOUND
TRULY I CAN LOSE CONTROL OF MYSELF

AND NOW THAT YOU
FELL INTO NIGHT
WE CAN SHOUT OUR FAITH TO THE
VACANT SKY TILL THE DAWN

DON'T BE AFRAID OF THE DARK
'CAUSE IT LETS YOU THINK ONLY ABOUT MY SONG
LU-LU-LU-LU I'LL SING TO YOU
AND WILL TAKE YOU TO THE FRENZY

 

Track2 Rhyktz - Night Rulers (SWARF Remix)

表題曲のセルフリミックスその1、可愛い感じのネオンアレンジです。このCDの製作に本格的に取り掛かる直前ぐらいの時期に、ひょんな事が切っ掛けでネオンと呼ばれるジャンルの曲を僅かにですが漁っていて、東方アレンジと結構相性良いんじゃないかな?と思い製作しました。

 

Track3 Rhyktz - Night Rulers (srask remix)

サークルSURASHIZよりsrask氏を招致してリミックスを制作してもらいました。彼が得意とするJ-Coreです。SURASHIZと僕のサークルが活動を始めたのがちょうど同じぐらいの時期なので、これからも切磋琢磨していきたいですね(といっても現状は自分のぼろ負けですが・・・)。私からは以上です。

 

Track4 Rhyktz - Night Rulers (L.Wise Remix)

セルフリミックスその2、今度はゆっくりめのエレクトロハウスです。トラック数を少なくしたり、ジワジワ展開するようにしたんですが、如何でしたかね・・・?特にダンスミュージック系の東方アレンジはもっと音数が多いほうがメインストリームだと思いますが、思いっきり反抗しました。

 

Track5 Rhyktz - Night Rulers (Zefinker REMIX)

セルフリミックスその3、そろそろ飽きてくるんじゃないかと思ったので、これまでとはうって変わって高BPMのハードテックアレンジをぶち込みました。勢いだけみたいな曲ですが、エモいスクエアリードや裏で鳴ってる高速アルペジオはお気に入りです。これは結構内緒ですけど原曲がサンプリングしてあります。

 

Track6 SWARF - Wirbel

セルフリミックス地帯は一旦お終いで、夜雀の歌声のムーンバートンアレンジです。ムーンバートンというともっと毒々しいジャンルだと思っていますが、この曲は特にAero Chordの4Uという曲の影響を多大に受けています(ちょっと受けすぎたかも・・・)。

www.youtube.com

ちなみにタイトルは独語で「渦」とかそういう意味です。「岩山にたたずむ美しい少女が船頭を魅惑し、舟が川の渦の中に飲み込まれてしまう」というローレライ伝説の内容に因んでこう名付けました。

 

Track7 SWARF - Wirbel (Atma Remix)

↑のインストのセルフリミックス・・・にする必要あったんかなぁ?と今になってちょっとだけ思いますが面白い曲になったので結果的にはOKでしょう。途中で倍速になるベース系、みんな好きでしょ?

 

Track8 Rhyktz - Night Rulers (150 Edit)

最後の曲は表題曲のハードスタイルEDITです。この曲を作るにあたって、自分が好きなハードスタイルの曲と比較したりしていたんですが、まあ自分がこうすればいいんかな?と勝手に思ってたのと全然違う曲ばかりで驚きました。特にイントロなんか、もとは2倍の長さ入れようと思ってたんですよね あまりにお手本的な曲たちを意識しすぎてちょっと窮屈な展開になってしまったようにも思えます。たまにはこういうのも良しとするか、もっと自由にやるべきだったか・・・

 

Track9 Secret R - Night Rulers vocal track

最後に表題曲のボーカルトラックを収録しておきました。どうせ80分も記録できるので、入れておいたほうがお得な気が・・・するよね? CDを入手して頂いた方には是非好きに使用して頂きたいです

 

次回の参加予定は受かってたら紅楼夢です。間に合えば2本立てでいきます。一つはUKハードコアとハードスタイルのコンピレーションです。2ジャンルに絞りますが、ちょい古い感じの曲から流行りのあんな感じの曲まで色々制作する予定です。もう一つはブレイクコア中心に悪いジャンルの曲の詰め合わせです。面白いゲストも招致していますので、お楽しみに

DL販売はもう少し待ってから始める予定です。